多田屋オフィシャルサイト 
  
 
 
 

   
 
1
■ 今週のベストセラー
@漫画君たちはどう生きるか
  吉野源三郎 マガジンハウス ¥1,300
Aおらおらでひとりいぐも
  若竹千佐子 河出書房新社 ¥1,200
B君たちはどう生きるか
  吉野源三郎 マガジンハウス ¥1,300
CLily
  石田ゆり子 文藝春秋 ¥1,800
DJAPAN CLASSそう、これがニッポンって国なんだヨ!
  ジャパンクラス編集部 東邦出版 ¥1,000
E大家さんと僕
  矢部太郎 新潮社 ¥1,000
Fおちゃめに100歳!寂聴さん
  瀬尾まなほ 光文社 ¥1,300
G屍人荘の殺人
  今村昌弘 東京創元 ¥1,700
Hいのち
  瀬戸内寂聴 講談社 ¥1,400
I九十歳。何がめでたい
  佐藤愛子 小学館 ¥1,200

■ 1週間の販売データよりランキングしております。



2
【 第131回 多田屋教養講座のお知らせ 】
テーマ 『大目に見てもらうための作法とは』
講師  油井宏子先生
【講座内容】
博奕をしていたと疑われた長兵衛と新八。二人が家族ともども、村から追放されないために書かれた文書を、読んでみましょう。そこから、村のどのような機能がわかるでしょうか。くずし字を丁寧に読み解きながら、考察していきましょう。
【開催期日】
2018年2月17日(土)13:00〜15:00
【開催場所】
ホテル プラザ菜の花 4F『槙』(千葉県庁となり)
【受講料】
¥2,000-
【講師紹介】
千葉県生まれ。県立千葉高校、東京女子大学卒業。公立中学校教諭を経て、1989年よりNHK学園古文書講師。全国各地を行脚しながら、古文書の楽しさや面白さを伝えている。著書に『手がかりをつかもう! 古文書くずし字』、ほかに『古文書くずし字 見わけかたの極意』『絵で学ぶ古文書講座』『そうだったのか江戸時代』『古文書はじめの一歩』『江戸が大好きになる古文書』『古文書はこんなに面白い』『古文書はこんなに魅力的』(いずれも柏書房)、『江戸奉公人の心得帖』(新潮新書)、監修書に『江戸時代&古文書虎の巻』『古文書検定入門編』(いずれも柏書房)がある。

お申込方法
先着100名様までのお申込制となります。参加ご希望のお客様は、
お手数とは存じますが、多田屋千葉営業所へ直接お電話下さい。
043-227-8388
(土・日曜日・祭日は、休日とさせて頂いております)



【 第129回 多田屋教養講座のお知らせ 】
テーマ 『幕末志士の手紙を読もう』
講師 小代渉先生
【講座内容】
2017年は徳川幕府が政権を奉還してから150年、来年2018年は明治に改元してから150年という節目の年です。今回の講座では戦国時代から離れて、激動の幕末維新期を生きた人物の手紙を読んでいきたいと思います。

【開催期日】
2017年12月16日(土)13:00〜15:00
【開催場所】
ホテル プラザ菜の花 4F『槙』(千葉県庁となり)
【受講料】
¥2,000-
【講師紹介】
大分県生まれ。千葉大学大学院修了。
現在、東京堂出版編集部員。
油井宏子先生の著書をはじめとする古文書関係、および江戸時代・明治時代関係の書籍を主に手掛けている。

お申込方法
先着100名様までのお申込制となります。参加ご希望のお客様は、
お手数とは存じますが、多田屋千葉営業所へ直接お電話下さい。
043-227-8388
(土・日曜日・祭日は、休日とさせて頂いております)



多田屋アミリィ店閉店のお知らせ

20余年に亘りご愛顧賜りましたが、本年8月16日をもって閉店させて頂きました。
お客様の皆様に改めまして御礼申し上げます。
また、8月17日以降は大網白里店(多田屋・TSUTAYA)をご利用賜りますようご案内申し上げます。



5
【 多田屋教養講座10周年記念講座 】

2007年4月、油井宏子先生を講師にお招きしてスタートした多田屋教養講座も10周年を迎える事が出来ました。
5/20の多田屋教養講座は、これまでのご愛顧に感謝申し上げ、拡大講座を企画致しました。 是非、ご参加下さいませ。

主催 多田屋
日時 2017年5月20日(土) 13:00〜16:00
場所 ホテルプラザ 菜の花 3階
[千葉県千葉市中央区長洲1-8-1]
参加費 2,000円(税込)
定員 定員:100名(先着順)
お問合せ 多田屋千葉営業所
TEL:043-227-8388 ※月〜金9:00〜17:00

講座内容
◆油井宏子先生
『古文書講座』13:00〜15:00
テーマ『三法領地替えの幕命はなぜ覆されたのか』
天保11(1840)11月、幕府は、川越藩・庄内藩・長岡藩の領地入れ替えを命じましたが、翌年の7月に撤回せざるを得なくなりました。どのような経緯や理由があって、幕命が覆されたのでしょうか。興味深い史料を丁寧に読み解きながら、考察していきましょう。

◆小代渉先生
『古文書クイズ』15:10〜16:00
皆さんは、どれだけ古文書・くずし字の知識を蓄積できているでしょうか?
クイズを解いて、実力を採点してみましょう。



■多田屋サンピア店 Tポイント開始のお知らせ

多田屋サンピア店にてTポイントサービスがスタートしました。
お会計時に、Tカードにポイントが貯まり、 更にお会計時にはTポイントがご利用頂けます。
既にTカードをお持ちのお客様は、当店でもご利用可能です。
ぜひご利用くださいませ。

※Sカード(サンピア館内のカード)は引き続きご利用頂けます。
※詳細及び不明な点は、店頭スタッフまでお問合せ下さい。



『ポイントカード変更のお知らせ 』

平素は、多田屋をご愛顧賜り誠に有難う御座います。
下記店舗におきまして、7/1(金)よりポイントカードが変更となりました。
本・文具(CD・DVD)のお会計時にTカードにポイントが貯まり、 更にお会計時にはTポイントが
ご利用いただけます。 既にTカードをお持ちのお客様は、当店でもご利用頂けます。

■ポイントカード変更店舗
稲毛店/千葉中央店/長浦店/成東店

※上記に伴い、ホンヤクラブカードのサービスは6/30(木)をもって終了致しました。
※店舗により、ポイント対象外商品がございます。
※詳細及び不明な点は、店頭スタッフまでお問合せ下さい。



8
【 第100回 多田屋教養講座のお知らせ 】
テーマ『2015 夏の古文書祭り』

2007年4月、油井宏子先生を講師にお招きしてスタートした多田屋教養講座
今夏、100回目の講座を記念して「2015夏の古文書祭り」を開催!
★ご参加の方全員に、特製記念品を進呈いたします。
主催 多田屋
日時 2015年7月18日(土) 10:00〜17:00(休憩12:00〜13:30)
場所 ホテルプラザ 菜の花 3階
[千葉県千葉市中央区長洲1-8-1]
参加費 6,000円(税込)※6月30日までにお申し込みの方
※7月1日以降は7,000円(税込)となります
定員 定員:100名(先着順)
参加ご希望&
お問合せ 多田屋千葉営業所
TEL:043-227-8388 ※月〜金9:00〜17:00
講座内容
◆油井宏子先生
いつの時代も人間はこんなに愛しい!
『異国船来航に備えて村々から供出するものとは?』
幕末の安政期に出された御触書。そこには、日本近海に頻繁に現れる異国船に備えて、海岸防御のために、あるものを村々や寺院に供出するように書かれています。
さらに、人々の生活用品もどのように制限されたのか。文書を丁寧に読み解きながら、当時の政治・社会情勢をも考察していきます。

◆小代渉先生
『プチ古文書検定』
クイズ感覚であなたの古文書レベルをチェック!

125年前の文字に触れてみよう!
『戦国武将の手紙を読む』

戦国時代の古文書は、文字のくずし方も言い回しも、江戸時代の古文書とは若干異なります。いくさの裏でやりとりされた霧鐘の書状から、いくさの状況や政治的な背景などを読み取っていきます。

◆高尾善希先生
古文書には書かれない歴史もある!
『回顧録と日本人』
回顧録において日本人はどのように描かれてきたのでしょうか?
幕末に生まれて明治・大正・昭和戦前期に活躍した人物を中心に、彼らが残した回顧録・回顧的記述をもとにして古き良き時代の日本人の姿をご紹介します。



9
【 第79回 多田屋教養講座のお知らせ 】
テーマ『江戸っ子と黒船―生麦償金事件関係史料を読む』
講師  高尾善希先生
【講座内容】
今年から遡ること150年前の文久3年(1863)、突如、イギリスの軍艦が江戸湾に結集します。前年の生麦事件の償金を江戸幕府に要求するためです。イギリスも幕府も、一時は戦争をする覚悟を固めました。江戸っ子はこの事態に慌て、郊外に疎開したり、荷物を避難させたりしました。これが生麦償金事件です。この事件の様子を風刺した瓦版・番付・錦絵が多数残っています。これらを読み、分析することによって、この事件の詳しい状況を明らかにしたいと思います。
【開催期日】
2013年10月19日(土)13:30〜15:30
【開催場所】
ホテル プラザ菜の花 4F『槙』(千葉県庁となり)
【受講料】
¥1,500−
【講師紹介】
東京都公文書館史料編さん係専門員。
立正大学文学部史学科非常勤講師。
文学博士。
【著書】
「やさしい古文書の読み方」日本実業出版社
「番付で読む江戸時代」柏書房(共著)
「徳川幕府と巨大都市江戸」東京堂出版(共著)

お申込方法
先着100名様までのお申込制となります。参加ご希望のお客様は、
お手数とは存じますが、多田屋千葉営業所へ直接お電話下さい。
043-227-8388
(土・日曜日・祭日は、休日とさせて頂いております)



10
【藤原和博先生講演会開催のお知らせ】
テーマ『坂の上の坂』
55歳までにやっておきたい55のこと


50歳からの20〜30年を幸せに過ごす為に
今から準備が必要です。
人生の後半戦を生き抜くイメージをお持ちですか?
既に全国各地で講演会を実施して大好評です。
千葉市で初開催の講演となりますこの機会をお見逃しなく!

【講演会ご参加者の方の感想】
「パワフルな講演に元気をもらいました」埼玉県:60代女性
「発想が柔軟になるのを実感した。あっと言う間の90分でした。」埼玉県:50代女性
「聞くだけではない、参加する講演会に驚きました。楽しかったです。」東京都:40代男性

【開催期日】
2013年2月2日(土)14:00〜15:30(開場13:30)
【開催場所】
千葉市生涯学習センター 2F ホール
JR千葉駅より徒歩8分(千葉市中央図書館内)
【講師紹介】
東京都初の民間人校長として杉並区立和田中学校の校長になり話題となる。
現在、大阪府教育委員会特別顧問。
著作『坂の上の坂』は、11万部を超えるベストセラー。



11
【 第56回 多田屋教養講座のお知らせ 】
テーマ 『戦国時代を生き抜いた公家たち』
戦国時代といえば、信玄・謙信・信長・秀吉・家康ら覇権を争う武将たちの活躍に目を奪われがちですが、京都のお公家さんたちは平安時代以降も脈々と家を守り続けていました。彼らは武家政権の世において、どのようにして生き延びたのでしょうか。本講座では、さまざまな事例を紹介しながら、乱世における公家たちの実像に迫っていきたいと思います。
講師  渡邊大門先生
【開催期日】
2011年11月19日(土)13:30〜15:30
【開催場所】
ホテル プラザ菜の花 4F『槙』(千葉県庁となり)
【受講料】
¥1,500−
【講師紹介】
1967年生まれ。関西学院大学大学文学部史学科卒業。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。文学博士。
【主な著書】
「逃げる公家、媚びる公家」柏書房
「戦国の交渉人 外交僧・安国寺恵瓊の知られざる生涯」洋泉社歴史新書
「戦国誕生ー中世日本が終焉するとき」講談社現代新書
「宇喜多直家・秀家」ミネルヴァ書房



12
【 第55回 多田屋教養講座のお知らせ 】
テーマ 『掘ったら見えてきた江戸時代』
江戸時代の発掘現場から出てくるたくさんの出土品。これらを丁寧に観察することで、古文書には書かれていない、江戸時代の人びとの生活や風習に思いを馳せることができます。実際に発掘物からどのようなことが読み取れるのか、一緒に考えていきましょう。
講師  関口慶久先生
【開催期日】
2011年10月15日(土)13:30〜15:30
【開催場所】
ホテル プラザ菜の花 4F『槙』(千葉県庁となり)
【受講料】
¥1,500−
【講師紹介】
市川市生まれ。立正大学大学院文学研究科修了。
現在、水戸市教育委員会事務局世界遺産係長。
豊島区遺跡調査員や茨城大学非常勤講師も務める。
墓標研究会世話人。
【共編著書】
「水戸城跡」水戸市教育委員会
「雑司が谷T」豊島区教育委員会刊
【主要論文】
「近世東北の〈家〉と墓」国立歴史民族博物館研究報告112号
「江戸の地鎮と埋納」(江戸の祈り所収)吉川弘文館刊
「墳墓堂」季刊考古学97号



13
【 第51回 多田屋教養講座 】
テーマ 『江戸の思想家からのメッセージ』
講師  小島康敬先生
【講座内容】
江戸時代には多くの思想家が生まれました。本講座ではそのなかでも「三大思想家」といわれる伊藤仁斎・荻生徂徠・本居宣長の3人を取り上げます。
江戸時代の思想家たちの人間性や知の営みを振り返ることによって、情報社会に漂流する私たちの今の知性と感性の在り方を見直します。
【開催期日】
2011年6月18日(土)
【開催場所】
ホテル プラザ菜の花 4F『槙』(千葉県庁となり)
【受講料】
¥1,500−
【講師紹介】
1949年生まれ。現在、国際基督教大学教授・同大学アジア文化研究所所長。
専攻は日本思想史。
【主な著書】
「鏡のなかの日本と韓国」ぺりかん社
「徂徠学と反徂徠」ぺりかん社
「日本の近世13 儒学・国学・洋学」中央公論社



14
【 第44回 多田屋教養講座のお知らせ 】
テーマ 『“田舎侍”の江戸体験』
講師  岩淵令治先生
【講座内容】
参勤交代の制度によって、東北から九州まで、各地の大名や武士たちは江戸へ伺候しなければならなかった時代。彼らは「江戸っ子」から田舎者として馬鹿にされましたが、実際には、江戸でのノウハウが蓄積されていたのです。彼らの実際の生活振りを史料から明らかにしてまいります。
【開催期日】
2010年11月20日(土)13:30〜15:30
【開催場所】
ホテル プラザ菜の花 3F『菜の花』(千葉県庁となり)
【受講料】
¥1,500−
【講師紹介】
東京大学大学院修了。放送大学非常勤講師、江戸東京博物館専門研究員などを経て、現在、国立歴史民俗博物館准教授。文学博士。
近世都市における武家地や近世の「家」及び社会集団、近世考古学など幅広く研究している。
【主な著書】
「江戸武家地の研究」塙書房



15
【 第43回 多田屋教養講座のお知らせ 】
テーマ 『江戸の和算に挑戦!』
講師  西田知己先生
【講座内容】
皆さんは算数が得意でしたか?苦手でしたか?江戸時代の子どもたちが寺子屋で学んだ和算のテキストには、パズルやマジックなど、楽しい問題が盛りだくさんです。くずし字も読みながら、200年以上前の子どもたちの脳力に挑んでみましょう。
【開催期日】
2010年10月16日(土)13:30〜15:30
【開催場所】
ホテル プラザ菜の花 4F『槙』(千葉県庁となり)
【受講料】
¥1,500−
【講師紹介】
1962年生まれ。上智大学大学院文学研究科史学専攻・博士後期課程単位取得退学。
現在、上智大学コミュニティ・カレッジ、清泉女子大学ラファエラ・アカデミア講師。
【主な著書】
「子どもたちは象をどう量ったのか?」柏書房
「江戸を割る」研成社
「親子で楽しむこども和算塾」明治書院
ほか多数。



16
【 第36回 多田屋教養講座のお知らせ 】
テーマ 『江戸っ子の洒落心 戯文を楽しむ』
講師  高木侃先生
【講座内容】
19世紀になると、江戸の町ではさまざまな種類の書籍が「出板」され、江戸庶民の目を楽しませるとともに、遊び心が満載で洒落と風刺の効いた戯文も流行しました。本講座では、戯文をテキストにして、一緒に言葉の謎解きをしていきます。
【開催期日】
2010年3月20日(土)13:30〜15:30
【開催場所】
ホテル プラザ菜の花 4F『槙』(千葉県庁となり)
【受講料】
¥1,500−
【講師紹介】
1942年ソウル生まれ。中央大学大学院修了。
関東短期大学教授を経て、現在専修大学教授。法学博士。縁切寺満徳寺資料館館長。
【主な著書】
「三くだり半ー江戸の離婚と女性たち」平凡社ライブラリー
「三くだり半と縁切寺」講談社現代新書
「泣いて笑って三下り半」江戸東京ライブラリー



17
【 第32回 多田屋教養講座のお知らせ 】
テーマ 『村人たちの暮らしとたたかい』
講師  渡辺尚志先生
【開催期日】
2009年11月21日(土)13:30〜15:30
【開催場所】
ホテル プラザ菜の花 4F『槙』(千葉県庁となり)
【受講料】
¥1,500−
【講師紹介】
東京都生まれ。一橋大学大学院教授。
文学博士。千葉県史編纂専門委員。
【主な著書】
「近世の豪農と村落共同体」東京大学出版会
「江戸時代の村人たち」山川出版社
「百姓の力-江戸時代から見える日本」柏書房
「百姓の主張ー訴訟と和解の江戸時代」柏書房
ほか多数。



18
【 第31回 多田屋教養講座のお知らせ 】
テーマ 『藤沢周平が描ききれなかった世界』
講師  青木美智男先生
【開催期日】
2009年10月17日(土)13:30〜15:30
【開催場所】
ホテル プラザ菜の花 4F『槙』(千葉県庁となり)
【受講料】
¥1,500−
【講師紹介】
福島県生まれ。東北大学院修了。
日本福祉大学教授、専修大学教授を経て、現在専修大学史編集主幹。
古文書や版本を駆使した緻密な研究をこなす、歯に衣着せぬ発言が刺激的な先生です。
【主な著書】
「藤沢周平が描ききれなかった歴史」柏書房
「日本近世社会の形成と変容の諸相」ゆまに書房
「深読み浮世風呂」小学館
他多数



19
【 第19回 多田屋教養講座のお知らせ 】
テーマ 『房総の村々と東海道の助郷』
講師  久留島浩先生
【開催期日】
2008年10月18日(土)13:30〜15:30
【開催場所】
ホテル プラザ菜の花 4F『槙』(千葉県庁となり)
【受講料】
¥1,500−
【講師紹介】
岡山県生まれ。東京大学大学院博士後期課程単位取得退学。現在、国立歴史民族博物館教授・博物館資源センター長。
「千葉県史」「千葉市史」の編纂委員も務め、千葉県内における近世地域社会研究のエキスパート。
【主な著書】
「近世幕領の行政と組合村」東京大学出版会
「近世の社会集団」山川出版社(編著)
ほか多数。



20
『百姓の力』

第2回多田屋教養講座(07.5.27.開催)の講義内容から、構想がふくらみ1冊の本となりました。
江戸時代、総人口の80%が百姓層であった日本。それにもかかわらず当時世界で一番識字率の高かった日本。たくましく生きた百姓層の実態と村の姿を村落研究の第一人者が判り易く解説。

発行:柏書房
著者:渡辺尚志
発売:2008年5月
価格:¥2,310-



絵本の読み聞かせ実施中
 
当社では、ボランティアの皆様、当社スタッフによる子供のための「絵本の読み聞かせ会」を無料で実施させて頂いております。
是非、お気軽にご利用くださいませ。

実施店舗
稲毛店 043-253-8145(毎月1・3週 金曜日11:00〜12:00)
尚、予定が変更される場合がございます。
ご利用の際は、大変お手数ですが電話でご確認の上お出かけ下さいませ。



22
多田屋土気店オープン

2007.6.15.千葉市緑区土気にオープンさせて頂きました。
売場面積470坪、専用駐車場100台、
本・文具・雑貨・CD/DVD・ゲームの販売、CD/DVD・コミックのレンタルを主に取扱わさせて頂いております。



稲毛店リフレッシュオープン
2010.3.8.

多田屋稲毛店では、お客様の声にお応えし、雑誌売場や文庫売場のレイアウト変更や、『今週のベスト5』のコーナーを設置をさせて頂きました。
新しくなりました多田屋稲毛店へ是非御来店下さいませ。



totoくじ発売中

今『toto』が熱く燃えています!

6億円当選者も続々誕生中!!
少額当選に限りますが『当選金の換金』が、多田屋でも出来るようになりました。
一攫千金なさいましたら、是非とも多田屋でお買い物をお願い申し上げます。!!

toto取扱店舗
大網白里店(大網街道沿い)
稲毛店(JR稲毛駅東口)



ダビング サービス承り中

劣化の心配される各種テープなどの映像を、
半永久的に保存が可能なDVD-Rなどを始めとする、
お客様のご希望のメディアにダビング致します。
また、再生しようとしてもすでに機器が故障したり、
機器が旧型で手に入らない種類のテープなどをお持ちで、
保存や再生可能な機器のメディアに変換をお考えのお客様は、是非一度ご相談くださいませ。

機器設置店舗
サンピア店(東金サンピア1F)
大網白里店(大網街道沿い)